garden house ~ 日日雑記 ~

aghb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

小淵沢Y下さん邸の現場より 10

a0211886_16154185.jpg

先日積もった雪も

ここ数日の陽気ですっかり融けた様子の

Y下さん邸の東側の通りです(^^)/


そして現場では

着々と施工が進んでおります(^^)

a0211886_22332377.jpg
パインの無垢材の天井板を張り終えた

奥の南西のお部屋にて・・・

a0211886_22362111.jpg
壁面の下地の施工を進める伊東さん(^^)



南東のお部屋の方も

天井板の施工を終えております(^^)

a0211886_22382677.jpg
そして…

a0211886_22472507.jpg
きちんと丁寧に施工されている

内外二重断熱のうちの内断熱材施工の様子です(^^)

a0211886_22500336.jpg
近くに寄ってみると・・・

a0211886_23020634.jpg
窓廻りの細い隙間にも

丁寧にグラスウールが詰められているのが分かります(^^;)

そして製品の指定位置に

丁寧にタッカー留めがされている様子も

見えておりました(^^)



そして…

腰を屈めてがんばる勝山さんは・・・
a0211886_22412794.jpg
ロフトにてパイン材の床板張り作業中です(^^)

a0211886_22395106.jpg
屋根の勾配なりの天井板の施工も進み

素敵なロフトの様子が

だいぶ出来て参りました(^^)/


夕方になると・・・
a0211886_23273804.jpg
冬の西日が入り

温かな様子のLDKでした(^^)



それから・・・

ヒノキの香りが漂う

床下を少しのぞいてみます(^^)/

a0211886_23342047.jpg
床下の根太は樋口さんに製材して頂いた

山梨県産のヒノキを使用して

手間をかけ格子組みにしています(^^)

格子の根太と土間コンクリート面を

きっちり突っ張って支えているのは剛性床束です。

床下全域の土間コンクリート内部には

蓄熱床下暖房用の架橋ポリエチレン管が配管されているため

コンクリート釘ではなく

剛性床束専用のボンドで圧着しています(^^)

格子組みの根太と剛性床束の丁寧な施工で

床鳴りが少なく

床を歩いた時にどっしりとした安定感が感じられる

床の仕上がりになります(^^)/

a0211886_00342221.jpg
(※奥に見えている水色の部分は

基礎の外部に接する面+α

の部分に施工されている

基礎断熱材です^^

蓄熱暖房用の土間コンクリートの下から

施工されており

その上部の一部が見えております^^)


そしてガレージに出まして…

お玄関前の様子です(^^)/

a0211886_00061812.jpg
木製の玄関ドアが設置されて

カバーが掛けられております(^^)

木製ドアは少しだけ茶色の入ったナチュラルな仕上げの

ご希望を頂きました(^^)


外壁の深いマホガニーの茶色に

穏やかなナバホホワイトに縁どられた

ナチュラルな色味の木製ドア・・・

素敵なお玄関の雰囲気になりそうで

とても楽しみです(*^_^*)



そして外壁は・・・
a0211886_00140642.jpg
四隅の少しの部分の施工を残し

ほぼ完成に近くなって参りました(^^)/
a0211886_00163749.jpg
クラシカルな可愛らしい雰囲気が漂っております~(*^^*)


着々と施工が進む

小淵沢のY下さん邸の現場からでした~(^^)/



P.S.

週末はY下さんと奥さまが

現場にお越しくださる予定です(^^)/

いつも遠路ご足労を頂きまして大変恐縮なのですが

お目にかかれますこと

楽しみに致しております(^^)/


前回お越し頂いた際は

不覚にも体調不良でわたくしはお会いできなかったので

(大変申し訳ございませんでした(ToT))

今回は体調管理に気を付け

現場に伺わせて頂きたいと思っております(^^)/


ご主人さま、奥さま、

どうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>



by a-garden-house | 2019-02-06 00:29 | 小淵沢Y下さん邸の現場より | Comments(0)