garden house ~ 日日雑記 ~

aghb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

あの頃の思いを胸に・・・

先日の甲斐適生活相談会も終わりに差しかかった頃、

思いもよらぬお客様が訪ねてこられました。


今62歳の主人ですが、まだ3、40代の頃、

クルマ大好きの主人が長年にわたり、何台かのお車でお世話になった、Yさんでした。


Yさんは、当時メルセデス系のディーラーにお勤めで

大変に優秀なセールスでいらっしゃいました。

その後BMW系のディーラーにヘッドハントされ、現在も都心の一等地のショールームにて

現役で現場に立っていらっしゃいます。

駆け出しセールス止まりの私には、Yさんは、雲の上の存在のお方です。


お話は変わり、主人は約10年前に、

長年連れ添った、今は亡き前の奥さんと共に横浜から山梨に移住しました。

患った病気のため、体温調整の効かなくなった奥さんを思い

移住先として、涼しい気候の北杜市を選んだのですが

移住後半年程で、奥さんは病で亡くなりました。

大変に仲の良いおしどり夫婦で、いつも一緒だった奥さんを失った主人の落胆は

私には想像を絶するものだったと思います。



そして、奥さんが亡くなった事をYさんに電話で連絡した日、

当時も東京にいらしたであろうYさんは、

電話から2時間もたたないうちに、その時主人がいた家のドアの前に

立たれていたそうです。


その時、もう10年以上もお車の付き合いは無くなっていたYさんでしたが

温かい優しいお気持ちで、ずっと主人を思ってくださっていたYさんは

きっと、いてもたってもいられなかったのかと感じます。


今でも、その時の事を主人から聞くことがあります。

彼(Yさん)は、本当に素敵な方だと。


それから時がたち、3年程前、私は子連れで主人のもとに嫁ぎました。

その時には、親子3人用にとお箸を贈って下さいました。

いつか、主人の手作りの小さいお家が建ったら使わせて頂きたくて

今もまだ、お箸は封をされたままなのですが^^


移住から約10年が経ち、ありがたい事に少しづつ

地元山梨でのお仕事が増えてきました。

Yさんから頂いたお箸を使える日も、少しづつ近づいているようです^^


移住後、奥さんを亡くし、辛い思いで暮らしていたであろう主人を

まわりのみなさんが支えてくれました。

遠くからずっと見守って下さったYさん、

そして、同じくクルマでお世話になったNさん、

今も現場に来てくれているM田さんは、何年もの間

亡き奥さんへの止めどない思いを話す主人を、

ただ頷いて受け止めてくれました。

何か答えたりするのではなく、ただ聞いてくれた事が

どんなに有難かった事かと、主人は言っていました。

思いやりに溢れるM田さんらしいなあ・・・と感じました。


そして、新参物の移住者であった1人ぽっちの主人を、

地元小淵沢の集落の方々や、白州の電気屋さん新田さん

も多くの手助けをして下さいました。


多くの方々の、たくさんの思いやりの上に、今の暮らしがあるのだと

新宿に訪ねてきて下さったYさんを思い、改めて感じました。


Yさん、ありがとうございます。

いつか、またお会いできる日を、楽しみにしております。


a0211886_14533872.jpg

by a-garden-house | 2012-06-20 20:24 | 日々のこと | Comments(0)