garden house ~ 日日雑記 ~

aghb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

白州の現場より 47

昨日、白州の現場に、薪ストーブの火入れのため、ストーブ屋さんに来て頂きました。

長野県の伊那にある『DLD』さん。
a0211886_1051286.jpg


『DLD』の地区担当のSさんです。
a0211886_10581687.jpg


Sさんの説明を熱心に聞く主人。
a0211886_110110.jpg


火つけ用の小さな薪をくべて・・・
a0211886_1115570.jpg


Sさん   「火の神様は、女性の方がお好きなので、ぜひ最初の点火は女性にお願いします。」

という事で、記念すべき火入れをわたしがさせて頂く事に。
『火の神様にも、好みはあるだろうに・・・。私でよろしいでしょうか・・・。』
などど思いながら点火させて頂きました。
a0211886_1183287.jpg


心地よく、火が揺らぎ始めました。
a0211886_1195185.jpg


この新しいストーブに火を覚えさせる作業を3日ほど繰り返すそうです。
優しい手つきや言葉の端はしからは、Sさんのストーブに対する愛情を感じます。
暖かく心地よくお使い頂き、長い間このストーブを好きでいてほしい・・・
そんな思いが伝わってきます。

買い物をする時、自分の扱う品物に対して興味も何もない営業マンに当たってしまうと
同じ品物でも、全く違ってしまう事もあります。
Sさんがこの地区の担当で、ラッキーだなあ^^と感じた火入れの日でした。
by a-garden-house | 2011-12-28 11:21 | 白州の現場より | Comments(0)